猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう

  1. ホーム
  2. > 自救力
  3. > 猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
雲から山の天気を学ぼう|(8)天気が崩れていくときの雲<低気圧の南側と寒冷前線編>
雲から山の天気を学ぼう|(8)天気が崩れていくときの雲<低気圧の南側と寒冷前線編>

天気が崩れていくときの雲 partⅡ<低気圧の南側と寒冷前線編> 前回は、低気圧が目的の山の南側を進んでいるとき(低気圧の南側に入るとき)、または温暖前線が接近しているときに現れる雲について学びました。今回は低気圧が目的… 続きを読む

猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
雲から山の天気を学ぼう|(7)天気が崩れていくときの雲<低気圧の北側と温暖前線編>
雲から山の天気を学ぼう|(7)天気が崩れていくときの雲<低気圧の北側と温暖前線編>

天気が崩れていくときの雲 partⅠ<低気圧の北側と温暖前線編> 前回は、低気圧や前線が近づいてくるとき、つまり天気が崩れていくときに、最初に現れる雲について学びました。ただ、雨巻雲(あめけんうん)が現れても必ず天気が崩… 続きを読む

猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
雲から山の天気を学ぼう|(6)雨巻雲と晴れ巻雲
雲から山の天気を学ぼう|(6)雨巻雲と晴れ巻雲

今回は、低気圧や前線が近づいてくるとき、つまり天気が崩れていくときに、最初に現れる雲について説明します。最初に現れることが多いのは、雲の中でもっとも高い所に浮かぶ巻雲(けんうん・第2回参照)です。巻雲には天気が崩れていく… 続きを読む

猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
雲から山の天気を学ぼう|(5)対流雲
雲から山の天気を学ぼう|(5)対流雲

今回は、普段は低いところにありながら、成長すると、上層雲と同じくらい高いところまでぐんぐん背が伸びていく雲、対流雲(たいりゅううん)について学びます。 対流雲 対流雲は積雲(せきうん)と積乱雲(せきらんうん)の2種類です… 続きを読む

猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
雲から山の天気を学ぼう|(4)下層雲
雲から山の天気を学ぼう|(4)下層雲

今回は、雲の中でも低い高度(約2km以下)に浮かんでいる下層雲について紹介します。 下層雲(低いところに浮かんでいる雲) 下層雲は、対流雲(次回説明します)を含めることもありますが、ここでは対流雲と下層雲を区別します。し… 続きを読む

猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
雲から山の天気を学ぼう|(3)中層雲
雲から山の天気を学ぼう|(3)中層雲

今回は、上層雲(じょうそううん)より低い高度(約2~7km)に浮かんでいる中層雲(ちゅうそううん)について紹介します。 中層雲(中位のところに浮かんでいる雲) 中層雲は、なめらかで一様な雲を表す「層」がつく「高層雲(こう… 続きを読む

猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
雲から山の天気を学ぼう|(2)上層雲
雲から山の天気を学ぼう|(2)上層雲

前回は、広い範囲の空気が上昇してできる雲と、狭い範囲の空気が上昇してできる雲について学びました。前者は「層」という字がつき、後者は「積」という字がつく雲になります。こうした雲の分け方のほかに、雲を高さによって分ける方法が… 続きを読む

猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
雲から山の天気を学ぼう|(1)雲の種類をいくつ知っていますか?
雲から山の天気を学ぼう|(1)雲の種類をいくつ知っていますか?

気象予報士 猪熊隆之さんの「山の観天望気講座」シリーズ スタートします!! 日本初の山岳気象予報専門会社「ヤマテン」代表 猪熊隆之氏は、ヒマラヤをはじめとする海外の数々の高所登山遠征にピンポイントの気象予報を提供し、多く… 続きを読む

  • jRO入会お申込みはこちら
  • ココヘリ入会お申込みはこちら
  • jRO会員ログイン
  • 好きな山の絵を額縁つきですぐに買える!山の絵つなぐサイト by jRO
  • ネットショップ エマグストレージ
  • 会員特典

田中陽希と学ぶ jROの山岳遭難対策制度