雲から山の天気を学ぼう|(77)海側から風が吹くと霧~奥武蔵・丸山~

  1. ホーム
  2. > 自救力
  3. > 猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
  4. > 雲から山の天気を学ぼう|(77)海側から風が吹くと霧~奥武蔵・丸山~

ヤマテンでは、登山者向けに、全国各地で「山頂で観天望気」を実施しています。山頂で雲や風の変化から天気を予想したり、雲や風の気持ちが分かるような、“空気”を読める登山者を育成する企画です。11月には第6回目の講座を埼玉県の丸山(960m)でおこないました。今回は、そのときに見られた雲についての解説です。

図1 当日の地上天気図

まずは、この日の天気図を見てみましょう。千島列島付近に高気圧があり、日本の南海上に低気圧があります。このように、北の方に高気圧、南に低気圧という気圧配置のとき、関東地方では太平洋からの東風が吹く形になります。海の上は水蒸気が多く、海の上を風が吹くと、空気は水蒸気の補給を受けて湿っていきます。また、冷たい高気圧から吹き出す風が、この時期でも水温が高い関東沖に達すると、暖かい海水で温められた空気と上空との気温差が大きくなって対流が発生し、その上昇気流で層積雲(そうせきうん、別名うね雲)が出来ます。この雲が東風に乗って関東平野に入ってくるため、関東地方では曇天となることが多くなります。

写真1 層積雲が広がる関東平野

さらに、この湿った太平洋からの風が関東平野を通り抜けて、奥武蔵や奥多摩東部の山にぶつかると山の斜面を上昇して、隙間が多かった層積雲が濃密な雲に変わっていきます(写真2)。

写真2 湿った空気が山の斜面で上昇して濃密な雲に変わっていく

山を越えると、空気は下降して温められるため、雲は次第に蒸発して弱まっていきます(写真3)。

写真3  山を越えて弱まっていく雲

一方、東風が弱まると、東側の雲は弱まる一方で、秩父側で日射により温められた空気が正丸峠に向かって上昇し、東からの風とぶつかる所で上昇気流が発生します(写真4)。

写真4

山で発生する雲は、このように地形の影響を強く受けるので、地図を見るとイメージが膨らみます。

図2 奥武蔵周辺の概念図

上図を見ると、東からの湿った空気が作り出す雲(写真2 図中の②)や雲が山を越えて蒸発する(写真3 図中の③)理由、風と風がぶつかり合って発生する雲(写真4 図①)ができる仕組みを理解できることでしょう。

写真5 北東方向で成長した入道雲

北東の方角には、雲の隙間から白くモクモクとした雲が見えます。これは雄大積雲(ゆうだいせきうん)で別名、入道雲と呼ばれる、夏に良く見られる雲です。地上付近が強く温められた空気が上昇してできる雲です。この雲の近く、熊谷市付近は内陸で日中、気温が上がりやすいことと、このときは雲の隙間に入り、日射があったため、温められたものと思われます。この温められた空気が上昇するとともに、東風による山の斜面での上昇気流も重なって成長した雲です(写真5 図中④)。

お昼を食べながら1時間程度、丸山の山頂で空を見渡すだけでも沢山の雲が見られました。雲が出来ている理由を知ることができると、嬉しいものです。ぜひ、皆さんもチャレンジしてみてください。

※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

文責:猪熊隆之(株式会社ヤマテン)

山の天気予報のご案内

ヤマテンでは、「山の天気予報」というサイトで、全国330山の山頂予報を配信しているほか、主要な18山域では、具体的な気象リスクについての警戒事項、詳細な解説付の予報を発表しています。また、首都圏や関西近郊の低山など無料でご利用いただける山を設定しているほか、大荒れ情報や「今週末のおすすめ山域(毎週木曜日発表)」、各種予想天気図、ライブカメラ、ヤマレコの最新記録、通信環境が制限される登山中にストレスなく使用できる登山モードを設定するなど、登山者視点の気象情報を提供しています。2022年10月からはヤマレコアプリでも山の天気予報の一部機能を確認できるようになりました。詳しくは、https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000012267.html にてご確認ください。

さらにGWや海の日、お盆、年末年始など連休期間の前には、スペシャル予報対象の山で5日間予報または週間予報を発表します。次回は、ゴールデンウィーク期間の週間予報を発表する予定です。皆様の登山計画を立てる際や、安全登山にぜひ、お役立てください。ご登録方法やサービスの詳細につきましては https://lp.yamatenki.co.jp/ でご確認ください。

ヤマテン動画講座(無料)配信中

新型コロナウィルス感染症予防のため、ヤマテンの「山の天気予報」サイトで見られる天気図の見方を動画配信しています。下記URLにてご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=VJ-MWg70LFI&list=PLMEQ1UAZdr6UQfU8W-lzlWUMc1Ajszs70

「空の百名山」を朝日新聞・長野県版などで連載中

過去の記事を下記、URLからご覧いただけます。
http://sora100.net/

ヤマテンオリジナル「観天望気」Tシャツにピンク、グレーが加わりました!

やまどうぐレンタル屋さんが運営するヤマトリップショップで、ヤマテンオリジナルグッズを販売しております。これまでは講習会や空見登山ツアーのみでの販売でしたが、オンラインでもご購入いただけることになりました!また、茅野市内の一部カフェや、やまどうぐレンタル屋新宿店でも販売します。このたび、観天望気Tシャツにピンクとグレーが加わり、カラーバリエーションが増えました!

ヤマトリップショップはこちら
https://yamatrip.com/shop/item/list/yamaten?fbclid=IwAR0nbpBkzRh7HMpgJp2ANv1umBDika4ZLufgEjORlMBkNaX2_nbfIYifaQY

ヤマテン オリジナル手ぬぐい

雲を学べる絵葉書セット

猪熊隆之(いのくまたかゆき)

国内唯一の山岳気象専門会社ヤマテンhttps://www.yamaten.net/の代表取締役。国立登山研修所専門調査委員及び講師。カシオ「プロトレック」開発アドバイザー。「山の日」アンバサダー。中央大学山岳部前監督。チョムカンリ登頂(チベット)、エベレスト西稜(7,700m付近まで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。近年は、山岳気象を学ぶために、予報依頼の多い山に登っており、2019年にはキリマンジャロ(タンザニア)、チンボラッソ(エクアドル)、コトパクシ(エクアドル)登頂。2022年はマッターホルン(スイス・イタリア)登頂。また、多くの登山者に雲を見る楽しさを伝えるための「山頂で観天望気」企画を実施。
「マツコの知らない世界」、「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」「地球トラベラー厳冬 遥かなる利尻山」「にっぽん百名山」「石丸謙二郎の山カフェ」などテレビ、ラジオ出演多数。著書に、山岳気象大全(山と溪谷社)、山の観天望気(山と溪谷社)、山の天気にだまされるな(山と渓谷社)、山岳気象予報士で恩返し(三五館)。共著に山の天気リスクマネジメント(山と渓谷社)、安全登山の基礎知識(スキージャーナル)、山歩き超入門(エクシア出版)、登山の科学(洋泉社)。

  • jRO入会お申込みはこちら
  • ココヘリ入会お申込みはこちら
  • jRO会員ログイン
  • 好きな山の絵を額縁つきですぐに買える!山の絵つなぐサイト by jRO
  • ネットショップ エマグストレージ
  • 会員特典

田中陽希と学ぶ jROの山岳遭難対策制度