雲から山の天気を学ぼう|(70)白馬岳から見られた雲

  1. ホーム
  2. > 自救力
  3. > 猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
  4. > 雲から山の天気を学ぼう|(70)白馬岳から見られた雲

今回は、先日白馬岳に行ったときに見られた雲について紹介します。

当日は、朝から雲一つない快晴で、登攀日和になることが予想されました。それではTHE・ENDになってしまいますよね(笑)。主稜を登攀しているときは、なかなか雲が現れず、暑さとの闘いでしたが、山頂直下に到達した昼前からは、雲がそれなりに出てきてくれました。

まずは、エントリーNO.1 積雲(わた雲)です。

写真1 日射によって熱せられた地上付近の空気が上昇してできた雲

良く見かける、青空にぽっかりと浮かんでいる雲ですね。綿のように見えることからわた雲とも呼ばれます。雲の中ではもっとも低い所にできるもののひとつで、地面付近が日射などで温められると、それに接している空気も温められ、軽くなった空気は上昇していきます。雲は水蒸気を含んだ空気が上昇して、水蒸気が冷やされることでできるので、上昇気流が起きるところで生まれます。

続きまして、エントリーNO.2 積雲(わた雲)です。

写真2 谷風によって上昇させられてできた雲

「同じじゃん!」と思われるでしょうが、今度は、「谷風」と呼ばれる風が生み出した積雲です。

「山谷風(やまたにかぜ)」という言葉を聞いたことがありますか?暖かい時期の、晴れて風が弱い日に吹く風で、特に夏の日中は、この風によって山の天気は左右されます。この観天望気講座でも何度も出てきましたが、改めて説明していきます。

図1 山谷風の仕組み(山岳気象大全「山と溪谷社」より)

晴れて風が弱い日は、地上と空気との温まりやすさ、冷えやすさの違いによって気圧差が生じ、風が生まれます。夜間から朝のうちにかけては、山の上から里へと吹き降りる山風(やまかぜ)がふき、山全体が下降気流となるため、雲は消えて晴天になります。一方、日中は太陽光線で地面付近が温められるにつれて谷風と呼ばれる、里から山の上へと向かう風が吹きます。特に、昼頃からは谷風が強まっていくので、谷風による上昇気流で雲ができやすくなるのです。夏の日中、山では次第に霧に覆われることが多くなるのは、日本の夏は蒸し暑く、空気中に水蒸気が沢山含まれていることと、谷風によってこの湿った空気が上昇させられるためです。

写真3 谷風によってできた雲partⅡ

この日は空気が乾いていて、空気中の水蒸気量が少なかったので、写真2、3のような雲が時々できても、雲が「やる気」を出すことはなかったのですが、夏場のように水蒸気が多いときは、谷風が強まっていくとともに、雲が「やる気」を出して入道雲(雄大積雲)に成長し、場合によっては、雷雲(積乱雲)に成長することもあります。

さて、エントリーNO.3も積雲(わた雲)です。今度は、積雲がいくつも連なっているパターンです。

写真4 北アルプスの南側に連なる積雲

白馬岳山頂に到達すると、槍ヶ岳や鹿島槍ヶ岳、赤牛岳、立山連峰など南側に連なる北アルプスの山並みが一望できます。南の空を眺めていると、北アルプスの奥の方(南側)に積雲が連なっているのが見えました。

図2 南からの湿った空気が入ってきたときの北アルプスの天気

この日は、午後になると、南から湿った空気が入ってくることが予想されていました。その湿った空気が、北アルプスの南側の低い山や、北アルプス南部の斜面を上昇して雲を作りました。北アルプスに沿って広いエリアで上昇気流が発生したので、積雲が帯状に連なっているのです。それらの雲は、北アルプスで堰き止められて北側には侵入できず、北アルプスの大部分は良いお天気になりました。また、南風が吹くときは、北アルプスでは白馬岳など北部ほど天気が良くなります。

ただし、湿った空気の勢いが強くなると、山を越えて雲が侵入してくることがあります。そうなると、山の北側でも天気は崩れていくので注意しましょう。

それではなぜ、南から湿った空気が入ることが予想できたのでしょうか?それは、天気図を見ることで分かります。この日は、高気圧が日本の東海上に抜け、日本海から寒冷前線がゆっくりと接近してくる形でした。高気圧の周辺では、等圧線に沿うように時計周りに風が吹くので、南西~南風になります。また、高気圧の後面(後ろ側)では水蒸気量が多くなる特徴もあります。こうしたことから、南側から湿った空気が入ってきやすい気圧配置になっていることが分かります。

図3 白馬岳に行った日の地上天気図

さて、いかがでしたでしょうか?今回は3種類の積雲についてご紹介させていただきました。また、次回をお楽しみに!

文、写真:猪熊隆之(株式会社ヤマテン)

※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

山の天気予報のご案内

ヤマテンでは、本年1月下旬に「山の天気予報」をリニューアルオープンしました。予報対象の山を増やして欲しい」というご要望にお応えするため、予報対象数を59山から330山に拡充します。また、首都圏や関西近郊の低山など無料でご利用いただける山を設定するほか、通信環境が制限される登山中にストレスなく使用できる登山モードを設定するなど、使いやすい、見やすいページに生まれ変わりました。
これまで通り、気象予報士の解説、大荒れ情報や「今週末のおすすめ山域(毎週木曜日発表)」、各種予想天気図、ライブカメラ、ヤマレコの最新記録などをご利用いただける「山の天気予報」のサービスも継続します。また、GWや海の日、お盆、年末年始など連休期間の前には5日間予報または週間予報を発表します。次回は、海の日連休前に発表を予定しています。皆様の登山計画を立てる際や、安全登山にぜひ、お役立てください。ご登録方法やサービスの詳細につきましては https://i.yamatenki.co.jp/lp/ でご確認ください。

山の天気を実地(山)で学ぶツアーのご案内

観天望気講座を書いている猪熊隆之や、ヤマテンの気象予報士が講師を務める「お天気講座」を旅行会社などで実施しています。山は雲を観察したり、学んだりする最高のフィールドです。それは、平地から雲を見ると、どうしても下から見上げてしまうので、平面的にしか見えないのに対し、山では、立体的に雲を捉えられるほか、稜線や尾根上では斜面を昇ってくる上昇気流によってできる雲を体感でき、山を挟んだ両側における雲の出き方の違いも観察できます。また、観天望気だけではなく、登山前日の天気図から押さえておくべきポイントや、荒れた天気の日は、気象リスクを減らすために登山者がおこなうべきことを解説し、安全登山の方法について学びます。
空気は目に見えませんが、雲は空気の状態を語ってくれています。雲の聞えない声に耳を傾けながら、楽しく山を登りましょう。皆様とご一緒できることを楽しみにしています。

毎日新聞旅行雲見ハイキング

磐梯山と西吾妻山 雄国沼湿原 雲見トレッキング 3日間 催行決定!
日程:2022年7月1日(金)~3日(日)
企画・実施:アルパインツアーサービス株式会社
郡山駅集合、米沢駅解散
ツアーの詳細や申し込み方法は下記URLにてご確認ください。
https://www.maitabi.jp/parts/detail.php?course_no=21066

アルパインツアー空見ハイキング

紅葉の八幡平・三ツ石山・秋田駒ヶ岳 3日間
日程:2022年9月25日(日)~27日(火)
企画・実施:株式会社アルパインツアーサービス
集合場所:JR盛岡駅 改札前 / 10:15
ツアーの詳細や申し込み方法は下記URLにてご確認ください。
http://www.alpine-tour.com/tourinfo/details.php?keyno=3561

また、過去における空見ハイキングの動画を以下に公開しております。

皆様と一緒に山を歩き、空見(そらみ)ができることを楽しみにしています。

ロングトレイルハイカー入門講座 2022

空を見て天気を判断しよう
日程:7月9日(土)~10日(日)
企画:安藤百福センター
講座の詳細や申し込み方法は下記URLにてご確認ください。
https://www.momofukucenter.jp/schedule/event_schedule/8734.html

ヤマテン動画講座(無料)配信中

新型コロナウィルス感染症予防のため、ヤマテンの「山の天気予報」サイトで見られる天気図の見方を動画配信しています。下記URLにてご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=VJ-MWg70LFI&list=PLMEQ1UAZdr6UQfU8W-lzlWUMc1Ajszs70

「空の百名山」を朝日新聞・長野県版などで連載中

過去の記事を下記、URLからご覧いただけます。
http://sora100.net/

 

ヤマテンオリジナル「観天望気」Tシャツにピンク、グレーが加わりました!

やまどうぐレンタル屋さんが運営するヤマトリップショップで、ヤマテンオリジナルグッズを販売しております。これまでは講習会や空見登山ツアーのみでの販売でしたが、オンラインでもご購入いただけることになりました!また、茅野市内の一部カフェや、やまどうぐレンタル屋新宿店でも販売します。このたび、観天望気Tシャツにピンクとグレーが加わり、カラーバリエーションが増えました!

ヤマトリップショップはこちら
https://yamatrip.com/shop/item/list/yamaten?fbclid=IwAR0nbpBkzRh7HMpgJp2ANv1umBDika4ZLufgEjORlMBkNaX2_nbfIYifaQY

ヤマテンポイントについて

ヤマテンの気象予報士が講師を務める講習会にご参加いただいた皆様にポイントを進呈させていただきます。
机上講座は1回参加につき1ポイント、空見ハイキングなど山での実地講座については1日につき3ポイント(旅行会社企画・実施のものも含みます)を進呈させていただきます。
特定のポイントが溜りますと、素敵なプレゼントを贈呈させていただきます。
詳細につきましては、 http://yamatenki.co.jp/point.php でご確認ください。

ヤマテン オリジナル手ぬぐい完成しました(30ポイントでプレゼント!)

雲を学べる絵葉書11枚入りセット(10ポイント溜まるとGET!)

猪熊隆之(いのくまたかゆき)

国内唯一の山岳気象専門会社ヤマテン http://yamatenki.co.jp/ の代表取締役。中央大学山岳部監督。国立登山研修所専門調査委員及び講師。カシオ「プロトレック」開発アドバイザー。チョムカンリ登頂(チベット)、エベレスト西稜(7,700m付近まで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。著書に山の天気にだまされるな(山と渓谷社)、山岳気象予報士で恩返し(三五館)、山岳気象大全(山と溪谷社)。共著に山の天気リスクマネジメント(山と渓谷社)、安全登山の基礎知識(スキージャーナル)。

  • 入会お申込み
  • JRO×ココヘリ一括入会プラン
  • jRO会員ログイン
  • 好きな山の絵を額縁つきですぐに買える!山の絵つなぐサイト by jRO
  • ネットショップ エマグストレージ
  • 会員特典

田中陽希と学ぶ jROの山岳遭難対策制度