雲から山の天気を学ぼう|(64)~アフリカ最高峰キリマンジャロの空~

  1. ホーム
  2. > 自救力
  3. > 猪熊隆之の雲から山の天気を学ぼう
  4. > 雲から山の天気を学ぼう|(64)~アフリカ最高峰キリマンジャロの空~

~アフリカ最高峰キリマンジャロの空~

 

コロナ禍でなかなか海外の山に行けないので、ストレスが溜まってきています(笑)
。ということで、今回は2019年2月、キリマンジャロに行ったときに見られた雲を紹介します。実は、このときまでキリマンジャロに行ったことがなかったのですよね。24時間テレビや、NHKで放送された、桐谷健太さんのキリマンジャロ挑戦など、何度も予報を発表していたのにです。予報するたびにイメージはどんどん膨らんでいきますが、いまひとつ「これっ!」という気象の特性が掴み切れません。だったら行ってみよう。ということになった訳です。
初めてのアフリカ大陸。初めてのキリマンジャロ。どんな雲が見られるのかドキドキです!
結果は期待を裏切らず、面白い雲を毎日のように、見ることができました(笑)。さて、登山の際に見ることができた雲についての解説をする前に、キリマンジャロの気候についてお話しします。キリマンジャロは赤道のすぐ南側にあり、アフリカ大陸の真ん中辺りに位置します。
山の天気は、海との位置関係が重要です。キリマンジャロは東側にインド洋があるため、この海が大きな影響を与えています。また、赤道の近くにあるため、気温は一年を通じてあまり変わりませんが、雨季と乾季があります。雨季は3月中旬から6月にかけて(こちらを大雨季と呼びます)と、10月から12月上旬にかけてです。後者は小雨季と呼ばれ、降水量は大雨季よりもかなり少なくなります。従って、登山適期は乾季になる12月中旬から2月にかけてと7月から9月にかけてですが、赤道に近いとはいっても南半球のため、7月から9月はやや気温が下がります。そのため、12月中旬から2月にかけての方が登りやすい気象条件になることが多くなります。
また、キリマンジャロは大型の成層火山(富士山と同じタイプの火山)で、3つの主な火山から成り立っており、東西約50km、南北約30kmの山体を擁します。そこで南北、東西であるいは山麓と山頂付近とで天候は大きく異なります。

図1 キリマンジャロ周辺の地形と気象の特徴

キリマンジャロの天気に大きな影響を与えるのは、南東と北東の季節風です。私が行ったのは2月下旬から3月上旬にかけての乾季の終わり。南半球の夏にあたる2月は亜熱帯高気圧がキリマンジャロ付近まで南下し、この高気圧に覆われて晴れる日が多くなりますが、高気圧の位置が少しでも南に偏ると、高気圧から吹き出す南東風が吹くようになります。逆に、高気圧の位置が少しでも北に偏ると、北半球側からの北東風になります。キリマンジャロの北東側には砂漠地帯が広がっており、乾いた空気に覆われています。北東風が吹くときは乾いた空気が入り、キリマンジャロの天気は良くなりますが、南東風が吹くときは、インド洋からの湿った空気が入り、その湿った空気が山にぶつかって上昇して雲を作るため雨が降りやすくなります。キリマンジャロの南東斜面では湿った南東からの空気を受けやすいために雨の量が多くなり、鬱蒼としたジャングルを形成しています。また、南西斜面でも南側からの湿った空気が谷風(たにかぜ)によって上昇するので雲ができやすく、雨量が多くなります。谷風については、第23回をご参照ください。

今回の登山では、北東からの乾いた風と南東からの湿った風とのせめぎ合いが見られ、どちらが勝つかによってその日の天候が決まりました。

期間のはじめは、南東の季節風が吹いており、インド洋からの湿った空気が入る気圧配置でした。日本の夏山と同様に、熱帯地域では陽射しがある日は日中、地面付近が温められて谷風と呼ばれる風が吹きます。この風によって上昇気流が起き、雲が発生します。一方で、朝晩は山から山麓に向かって吹く(山風と呼びます)ので、山では下降気流となり、お天気が良くなります。キリマンジャロに登頂するとき、夜中に出発して昼過ぎに山小屋へ下山するのは、午後は谷風によって雲が発生し、天気が崩れることが多いからです。

登山初日、キリマンジャロの山麓にあるロッジでキリマンジャロの姿を拝むことができました。前日の夜、激しい雷雨になったため、空気中に水蒸気が多く含まれており、山麓では朝から雲に覆われていました。しかしながら、気温が上昇し始めると、雲が蒸発していき、青空が広がってきました。写真1はそのときに撮影したものです。

写真1 朝、一瞬姿を現したキリマンジャロ

谷風がまだ吹いていない時間なので、山はよく晴れています。山に雲がかかっているように見えますが、これは山の手前側の低い雲です。雲の種類も層積雲(そうせきうん)と呼ばれる低い雲で、雲は上方に発達している様子はありません。つまり、やる気のない雲です。

写真2 南東方向で見られた積乱雲(やる気のある雲)

一方で、写真2のように雲が上方へモクモクと発達している雲は、やる気のある雲です。「やる気のある雲、ない雲」については、第10回をご参照ください。
やる気のある雲の下では激しい雨が降り、雷や雹を伴うこともあります。写真2は午前6時過ぎに撮影したものです。早朝からこのような雲が周囲で発達しているときは、その後の天候変化に要注意です。特に、このときは南東風が吹いており、風上側の南東側でこの雲が見られました。風上側でやる気のある雲が見られるときは、日中、この雲が接近して落雷や激しい雨に襲われる確率が高くなります。この日、この後の天気がどうなったのかは次回のお楽しみということで。

文、写真:猪熊隆之(株式会社ヤマテン)

※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。

山の天気予報が生まれ変わります!

ヤマテンでは、12月中に「山の天気予報」をリニューアルオープンする予定です。予報対象の山を増やして欲しい」というご要望にお応えするため、予報対象数を59山から330山に拡充します。また、首都圏や関西近郊の低山など無料でご利用いただける山を設定するほか、通信環境が制限される登山中にストレスなく使用できる登山モードを設定するなど、使いやすい、見やすいページに生まれ変わります。
これまで通り、気象予報士の解説、大荒れ情報や「今週末のおすすめ山域(毎週木曜日発表)」、各種予想天気図、ライブカメラ、ヤマレコの最新記録などをご利用いただける「山の天気予報」のサービスも継続します。また、GWや海の日、お盆、年末年始など連休期間の前には5日間予報または週間予報を発表します。次回は、12月28日(火)に年末年始の週間予報を発表する予定です。皆様の登山計画を立てる際や、安全登山にぜひ、お役立てください。ご登録方法やサービスの詳細につきましては https://i.yamatenki.co.jp/lp/ でご確認ください。

雪山での空見スノーハイキングのご案内

雲見トレッキング/三峰山と美ヶ原 山岳気象予報士・猪熊隆之氏と行くお天気講座2日間
日程:2022年1月29日(土)~30日(日)
企画・実施:株式会社 毎日新聞旅行
集合・解散場所:JR茅野駅
ツアーの詳細や申し込み方法は下記URLにてご確認ください。
https://www.maitabi.jp/parts/detail.php?course_no=20705

ヤマテン×アルパインツアー コラボレーション企画

西穂山荘に泊まって天気を学ぶ 冬の北アルプス・西穂丸山 2日間 催行間近
日程:2022年3月5日(土)~6日(日)
企画・実施:アルパインツアーサービス株式会社
集合・解散場所:JR松本駅
ツアーの詳細や申し込み方法は下記URLにてご確認ください。
http://www.alpine-tour.com/tourinfo/details.php?SrchName=%25E8%25A5%25BF%25E7%25A9%2582&keyno=3055&pv=y

また、過去における空見ハイキングの動画を以下に公開しております。
https://www.youtube.com/watch?v=IlC5F-us4qM&t

皆様と一緒に山を歩き、空見(そらみ)ができることを楽しみにしています。

ヤマテン動画講座(無料)配信中

新型コロナウィルス感染症予防のため、ヤマテンの「山の天気予報」サイトで見られる天気図の見方を動画配信しています。下記URLにてご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=VJ-MWg70LFI&list=PLMEQ1UAZdr6UQfU8W-lzlWUMc1Ajszs70

「空の百名山」を朝日新聞・長野県版などで連載中

過去の記事を下記、URLからご覧いただけます。
http://sora100.net/

 

ヤマテンオリジナルグッズの販売開始!

やまどうぐレンタル屋さんが運営するヤマトリップショップで、ヤマテンオリジナルグッズの販売を開始しました。これまでは講習会や空見登山ツアーのみでの販売でしたが、オンラインでもご購入いただけることになりました!また、茅野市内の一部カフェや、やまどうぐレンタル屋新宿店でも販売します。

ヤマトリップショップはこちら
https://yamatrip.com/shop/item/list/yamaten?fbclid=IwAR0nbpBkzRh7HMpgJp2ANv1umBDika4ZLufgEjORlMBkNaX2_nbfIYifaQY

ヤマテンポイントについて

ヤマテンの気象予報士が講師を務める講習会にご参加いただいた皆様にポイントを進呈させていただきます。
机上講座は1回参加につき1ポイント、空見ハイキングなど山での実地講座については1日につき3ポイント(旅行会社企画・実施のものも含みます)を進呈させていただきます。
特定のポイントが溜りますと、素敵なプレゼントを贈呈させていただきます。
詳細につきましては、 http://yamatenki.co.jp/point.php でご確認ください。

ヤマテン オリジナル手ぬぐい完成しました(30ポイントでプレゼント!)

雲を学べる絵葉書11枚入りセット(10ポイント溜まるとGET!)

猪熊隆之(いのくまたかゆき)

国内唯一の山岳気象専門会社ヤマテン http://yamatenki.co.jp/ の代表取締役。中央大学山岳部監督。国立登山研修所専門調査委員及び講師。カシオ「プロトレック」開発アドバイザー。チョムカンリ登頂(チベット)、エベレスト西稜(7,700m付近まで)、剣岳北方稜線冬季全山縦走などの登攀歴がある。著書に山の天気にだまされるな(山と渓谷社)、山岳気象予報士で恩返し(三五館)、山岳気象大全(山と溪谷社)。共著に山の天気リスクマネジメント(山と渓谷社)、安全登山の基礎知識(スキージャーナル)。

  • jRO入会お申込みはこちら
  • ココヘリ入会お申込みはこちら
  • jRO会員ログイン
  • 好きな山の絵を額縁つきですぐに買える!山の絵つなぐサイト by jRO
  • ネットショップ エマグストレージ
  • 会員特典

田中陽希と学ぶ jROの山岳遭難対策制度