【NPO法人光探索協会】超小型人工衛星と宇宙仕様のキーホルダー!

  1. ホーム
  2. > お知らせ
  3. > 【NPO法人光探索協会】超小型人工衛星と宇宙仕様のキーホルダー!

エディオン京都四条河原町店 Makuake SHOPで展示

NPO法人光探索協会(大阪府大阪市、理事長:前田 佳伸)は、光探索システムを開発し、書き換え可能な可変QRコードを使用した再帰性反射グッズの普及をしています。この可変QRコードは、登録情報(写真、メッセージや連絡先)を自由に書き換えることが可能です。また、宇宙仕様(反射到達距離400km)の高輝度再帰性反射キーホルダーを開発し、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」にてプロジェクトを好評に展開しています。7月1日より31日まで、エディオン京都四条河原町店 Makuake SHOPで高輝度再帰性反射を装着した「超小型人工衛星と宇宙仕様のキーホルダー」を展示します。

「宇宙から山岳遭難者を捜索」プロジェクト

【宇宙仕様の可変QRコードキーホルダー】

宇宙仕様の再帰性反射材を装着した可変QRコードのキーホルダーを普及展開するプロジェクトです。可変QRコードによって写真やメッセージを自由に書き換え可能で、例えばメッセージに書き込んだ登山計画などは電子的な入山届の役目をします。また、高輝度再帰性反射材は、サーチライト搭載ドローンによって光探索を可能とします。将来的には、宇宙仕様の再帰性反射材(反射到達距離400km)が、レーザー搭載人工衛星によって、山岳遭難者や迷子を光探索するための基盤技術になります。本プロジェクトでは、キーホルダーを所有した方には会員証を発行します。これはレーザー搭載人工衛星(ICESat-2など)に山岳遭難者を捜索するミッション要求を提案するプロジェクトの協賛者の証です。(会員番号はキーホルダーの応援購入希望順とします。)
本システムが実現すれば、エベレストに登山している登山者も宇宙から捜索することが可能になります。勿論、近くの山を登っている登山者も捜索可能です。そんな夢のある人に役立つシステムを日本発で実現する広く社会貢献活動です。
エディオン京都四条河原町店 Makuake SHOPで、高輝度再帰性反射材を装着した「超小型人工衛星と宇宙仕様の可変QRコードキーホルダー」を7月1日より31日まで特別に展示します。


可変QRコードの登録システム

Wi-Fiなどが繋がる状態で明日登る登山計画などをメッセージに書き込めば、電子的な登山届の役目をします。その登山計画などはNPO法人光探索協会のサーバーに蓄積されます。また、NPO法人光探索協会の東京支部がおかれている日本山岳救助機構(jRO)とも遭難時には連携するようになっています。QRコードをスマホで撮影すると、登録した写真とメッセージが相手側のスマホに表示されます。

「Makuake」URL: https://www.makuake.com/project/universeqr

クリックするとPDFファイルが開きます。

  • jRO入会お申込みはこちら
  • ココヘリ入会お申込みはこちら
  • jRO会員ログイン
  • 好きな山の絵を額縁つきですぐに買える!山の絵つなぐサイト by jRO
  • ネットショップ エマグストレージ
  • 会員特典

田中陽希と学ぶ jROの山岳遭難対策制度